川房集落の再生計画

川房集落の再生計画

原発事故の前と後

南相馬市小高区の西部にある川房集落は、事故前は73戸に230人の住民が暮らす小さな農業集落でした。原発事故から8年が経過した2019年4月時点では、住民は12戸18人。仮設住宅や避難者住宅が閉鎖されたのに帰還者は増えません。住民のほとんどが高齢者であるため、田んぼや畑を耕し、道路や水路を管理し、集落の生活環境を維持することは帰還住民だけでは不可能です。

太陽光発電所の収入で集落を再生

2014年、集落の一部を太陽光発電所の用地として提供し、代わりに売電収入から原資を得て集落再生をすすめることにしました。2018年から発電所が稼働し、2019年から集落再生事業がスタートしました。

集落東部に広がる太陽光発電所

集落再生計画2019

道路わきや空き地の草刈り、用排水路や溜池の清掃を委託により行います

改修した公会堂を運営、維持します

地元の小中高校の学習や文化スポーツ活動を支援します

南相馬ボランティア活動センターと連携してボランティアによる環境回復を支援します

農地を取りまとめて、牧草地などに利用します

移住者の増、交流人口の増加を図ります。見る知る学ぶツアーもその一環です。

除染土壌が入った袋が農地を占領している川房集落。多くの住民が去った集落を再生することは可能でしょうか・・・可能なんです。なせばなるのだ。

南相馬川房振興委員会

979-2164
福島県南相馬市小高区川房字四ツ栗87
会長 大内安男
info@revive-fukushima.com

コメントを残す