現場で学ぶ

現場で学ぶ

現場で学べばリアルに心に響きます。視察にあわせて、その前・中・後にネットや文献等を調べれば、日本が直面している問題について深く考えることもできます。

放射能って何?

福島の放射線は危険?致死的?たいしたことない?ほんとうはどうなんでしょうか。実際、原発避難区域の空間放射線量はそんなに高くもないですが、低くもありません。放射線の影響をどう捉えるか、現場で学びませんか。放射線についての必要最小限の知識は簡単に学び取ることができます。

原発事故の社会的な影響と対策

原発事故は、地域社会や家族をバラバラにしてしまいました。何があったのでしょうか。また、結果として20年先取りして人口減少や農村崩壊が進みました。あまり報道されない社会の現状と対策について、20年先の課題を抱えこんだ地域で考えてみませんか。

センセーショナリズムやポジショントーク

多くの善意(?)の言葉や報道が毎日のように福島県内に住む人の心を傷つけてきたことは理解されていないかもしれません。福島県の内側から言論や報道を改めて考えてみませんか。

持続可能な社会、SDGs、再エネ

福島県は再エネ100%を掲げています。でも、なお500万kW以上の石炭火力もあります。国民はエネルギーを必要としていますが、世界的に気候変動への対策が求められています。

メニューを閉じる