ボランティアセンター

ボランティアセンター

南相馬ボランティア活動センターを運営する松本光雄さんは、スーパーボランティアです。震災直後から福島に入り8年以上ボランティア活動を仕切っています。補助金に頼らず、無給で8年間。地元民からすれば忘れることのできない恩人です。

ここに集まるボランティアは総じて本格派。地元の学校で英語を教えるサラ・ジョーンズさんとそのお仲間たちは2ヶ月に一度ボランティア活動をしていますが、チェーンソーの刃の研ぎ方から廃棄物の処理方法など、自分たちで全部できる玄人集団。

この日の仕事は竹林の伐採。

傾斜地の竹林を伐採するという大変な仕事でしたが、さしたる怪我もなく任務を全うしました。

センターのスローガンは「できる人ができる時にできる事をする」。最近は各地で災害があって南相馬に集まるボランティアは減っています。

メニューを閉じる
ツールバーへスキップ