避難の苦難

避難の苦難

311のときは、どの道が通れるのかわかりませんでした。主要道路に避難者が集中して大渋滞になりました。ガソリンは不足し、ガス欠のため道端などに乗り捨てられた車が数多くありました。原発が爆発した3月12日以後は多くのガソリンスタンドが閉鎖され、タンクローリーの運転手は福島にガソリンを運ぶのを拒否しました。

通常の災害では、救援のため現場に向かう車のためにルートを確保することが重要になります。311では現場から脱出する車のためにそれが必要になりました。

コメントを残す

メニューを閉じる